So-net無料ブログ作成
検索選択
地域活動 ブログトップ

地域を考える集まりに若い人が来ない5つの理由 [地域活動]

地域を考えるフォーラムのようなものに参加しました。
しかし、若い人がまるでいない!40代の私が最年少なんじゃないか!?ってぐらいの平均年齢の高さ!

若い人が参加しない理由を考えてみました。

スボンサードリンク





若い人が地域を考える集まりに来ない5つの理由



    知らない


まずは、そういう集まりがあることを知りません。というか、開催する側が知らせる努力をしていません。私も、自治会長さんに声をかけられたので、そういう集まりがあることを知ったぐらいです。
そして、「地域を考える」って何?って疑問も当然あると思います。そう言うことに関する情報発信が少ないな、と思います。地域差はあるとは思いますが。

    時間が合わない


開催されたのが土曜日の午前中。
独身の人でお休みの日にこの時間に出てこいと言ってくるのはかなり地域に参加しようという意識のある人でしょう。そこまでじゃない人にも参加してもらうには、この時間はどうなのでしょうねえ。また、子育て世代にこの日程は厳しい。子供の習い事などが入る可能性もありますし、みんなでおでかけ、ということもあるでしょう。

    子供を連れて行けない


保育のサービスはありませんでした。市の職員も来ていたので、市のある部署が企画したイベントなのでしょうけど、保育などがなければ、乳児をつれたお母さんたちは、やはり参加しにくいですね。

スボンサードリンク






    知ってる人がいない


1番目の項目とは違って、参加しようと思ったときに、メンバーをみてたじろいでしまうと思います。自治会長、民生委員、○○を考える会会長、とそうそうたるメンバーですから。あの人もいくなら私も参加しようかな、と思えるほど、もっと、ハードルをさげれるといいんですが。

    意味を見いだせない

これと1番目の項目が大きいかな、と思います。参加したからってどうなるの?とまず思ってしまうのではないでしょうか。今回、私が参加した地域を考える集まりも、わが地区では初めてのことだったので、まだ、行ったからこうなった、という実績がないというのもありますが、ここで出た案のおかげで、こんないいことができた、という積み重ねでもあれば、もう少し、参加しようかな、という意識を持ってくれるのではないでしょうか。

地域を変えていくなんて、思いもしない人たちがたくさんいます。だけど、面白いイベントがないのかな?と思っている人はたくさんいると思うんです。他の地域の食育イベントや、職業体験イベントに電車に乗って参加しに行く人もいます。っていうか、我が家もそんなことをしています。だから、もっと地域密着なイベントがあればいいのにな、と思います。

なんて、こと言ってると企画運営やれ、とか言われそうで、ちょっとどきどきなわけですが…






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

自治会・町会は入らなくてもいいもの、と言ってしまうにはもったいない! [地域活動]

今年度は、自治会の子ども会の長をやっていました。その中で、いろいろなものを得ました。自治会、町会、そして子ども会などは、入るのは義務ではありません。PTAもそう、義務ではないのです。

スボンサードリンク





だから、やめてもいいんだ、ではもったいなさ過ぎる



自治会・町会は引っ越してきて強制的に入らされている、と感じる人も多いのではないでしょうか。とくに戸建てを買ったら、逃れられない感じです。

なぜ、逃れられない感じがするかというと、大きいのはごみ捨ての問題でしょうか。ごみ収集所を管理しているのが町会・自治会、というのは多いと思います。でも、それは本来市役所、町役場の仕事なので、町会・自治会に所属しなくてもごみを集めてもらえないということはないのです。

そして、町会・自治会というのは、入らない自由も認められている任意団体なので、入りません、とつっぱねることも可能です。PTA、子ども会もそうです。

でも、それでやめてしまうのは、本当にもったいないな、と中でいろいろやってみて思います。

スボンサードリンク





改革していくのにちょうどいい時期



現在は、ちょうど団塊の世代がリタイアして町会・自治会の中心になっているころです。そして、自治会・町会にもIT化が進んでいます。といっても少し遅れてやってきているので、ホームページを作った!と言っているぐらいで、動画配信やらLINEグループやらは、なんのこと?という感じです。

そういった中で、若い世代は地域とのつながりにも意味を見出しつつあります。そこで、手軽な地域活動への参加の第一歩が自治会・町会です。IT化したい人達、若い世代を取り込みたい人達をたきつけて、自分たちのやりたいように改革していくのにちょうどいい時期だと言えます。

しかも、今までの地域のネットワークも活かしていけます。思っているより、若い感覚を取り入れる気持ちのある人が多いのです。あなたたちが中心にやっていいから、といいつつ、口を出してくる人達もいないわけではありませんが(苦笑)。

若い世代が1からネットワークをつくるのも手ですが、今までのネットワーク、知識を生かしつつ、あたらしいことを作り上げていくには、自治会・町会に入り込むのが手っ取り早い感じがします。

サービスのただ乗りをする人たちは、たくさんいます。なんで、俺たち、私たちだけ働いているんだろう?と思うこともありますが、そういう人たちには、軽い義務、軽い仕事を任せていくことから、関りを持たせていくと、お互い気持ちよく仕事ができていきます。

どうか、地域、自分の身の回りをよくしたい、楽しくしたいと思う人達、自治会・町会に入り込んで、改革を起こしてください。私もがんばります。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

引継ぎ資料の作り方(地域活動=子ども会) [地域活動]

今年度、子ども会の会長をやっていた。

次期役員もなんとか決まりそう。

それで、引継ぎ資料を作っていた気が付いたことを少し。

スボンサードリンク





引継ぎ資料の作り方



数年前はノートに何をやったかが書いてあった。

それが、今私のところに何年分も残っている。

でも、ぶっちゃけ、そんなものは見ない。

自分がやっていて必要だったのは、

様々なイベントの手順、問い合わせ先。

これが一番重要かも。

これを前年度の会長さんが事細かに作っておいてくれたので、助かった。

今年度に気が付いた点、変更点は、逐一修正加筆しておいた。

これは、そのまま、渡せると思う。

どれぐらいのタイミングで回覧板を作成し、回し始めなければいけないのか。

まあ、これは、やっていくうちにわかってくるし、早め早めの方がいいってのは、

なんとなくわかる。

係の人への周知の内容

これも手順の中にまとめたほうがいいかな。

準備したもの



ということで、引継ぎ資料として準備したのは、

時系列に役員の仕事をリストアップした紙の資料

USBメモリ

イベントごとの資料をフォルダーにまとめる。 特に、回覧板の表紙だけをまとめて、いつ、どの内容の資料を回覧、配布したのかわかりやすくした。 紙の資料にもそれをまとめた。


これぐらい。

無駄なファイルなどは削除した。

ややこしくなるだけだからね。

動かす側に回らないとわからないことはたくさんある



子ども会の役員を2度やったけど、こちらに回らなければわからない雑用がいっぱいある。

前もって準備しなくちゃいけないことが、いろいろあって嫌になるけど、

慣れてくると、ルーチンワークで何とかなる。

それより、私の場合、仕事の切り分けが苦手で、全部自分でやってしまった方が早い!

とやってしまっていたのが失敗だったな。

来年度は役員数人で仕事をわりふってやってもらいたいものだね。







市民団体の立ち上げ説明会 縁は異なもの味なもの [地域活動]

土曜日はいろいろな人に出会う日だった。

人と人とがつながり、出会いを生み、また、繋がっていくのを実感した日だった。


スボンサードリンク





友達から誘われた説明会



とある活動から、仲良くなったSさん。

Sさんに誘われて、子供の学習支援をしたいという市民団体の説明会に参加した。

隣の市になるけど、いいのかな、と思いつつ。

でも、皆さん、快く受け入れてくれて、いろいろと話を伺うことができた。

そして、パワフルなお姉さま達がいっぱいいらした。

ところで、私は別の市民団体のアクセサリー販売のお手伝いをしている。

といっても、何かあると持って行って紹介して、売っているだけ、なんだけど。

Sさんが、そのアクセサリーのファンでいてくれるので、その日も持って行った。

他の人にも宣伝してくれて、何人かが購入してくださった。

そしたら、それを見た、別の団体の方が、プレゼントに使いたいので、まとめて購入させてくださいとおっしゃってくださった。

私はただのお手伝いなので、団体の代表に連絡をとり、直接、領収書発行など、してもらうようにお願いしておいた。

二つの団体の橋渡しになったかな、と、ちょっと嬉しく思った。

もう一つの出会い



もう一つのプロジェクトの説明会もあった。

こちらは、こどものまちを、作ろうという働き。

若い人たちがいろいろとやろうとしているのはいいね、と思っていたら、

その後、別の用事でお会いした先輩のお宅でも、

こどものまちの話が出たとかで…。

プロジェクトの代表の方も先輩のおうちの方とを橋渡し。

新しいプロジェクトが動くといいですな。

いろんな出会いが、また、出会いを生むんだなー、としみじみするのでありました。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
地域活動 ブログトップ