So-net無料ブログ作成
検索選択
こころのあり方 ブログトップ
前の10件 | -

笑顔で暮らしたい!まずは「やりたい」を見つける [こころのあり方]

332dbedb168362eb221d4b485fca11f4_s.jpg
自分のこころのあり方カテゴリーを見直してみたら、我ながらいいこと書いてました(笑)
ちょっと重複するところもあるんですが、子どもと話していて、笑顔で暮らす、楽しく生きるために必要な事ってこれだよな~としみじみしたことがありました。

スポンサードリンク





笑顔で暮らすためには、まず「やりたい」を見つける



今、ちょっと問題を抱えた子がいます。自分の行く道が見えなくなってしまっている子。
その子に「今の状況から逃げていいんだよ」と言ったら、ちょっとびっくりされました。逃げてはいけない、そう思い込んでいたらしいです。いやいや、前から言ってるから(苦笑)。

まずは、自分がしたい!ってことを見つけること。
したいと思ったら、そのためになにができるか、したらいいか思いつく。
そして、したい!やりたい!って思ってやったことは、やり終わったあとに達成感がある。
そこで失敗しても、それはそれで経験になる。

だから、例えば、学校に行きたくない!と思ったら、それはそれでいい。
「行きたくない」なら何をしよう。学校を変えればいい?義務教育でなければいっそ辞めちゃう?
そこから一歩進んで、学校に行かないなら、何をしたい?
「お金が欲しい」 イイね!
「ゲームがしたい」 それもアリだね!
「おいしいもの食べたい」 よし、食べに行こう!それとも一緒に作る?

じゃあ、何をどうするか、ちょっと考えてみようよ。



人生、「ねばならない」ことはないと思うんです。「した方がいい」ことはたくさんあると思うけど。

「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」と眉間にしわ寄せて生きるより、「これやりたい!できた!」で生きた方が楽しい!

私も先日、休日だったんですが、「昼ごはんを作るのやだ!メニュー考えるのもめんどくさい!」ってうぁー!ってなったことがありました。子どもも夫もまるで昼ごはんに興味を示してないし、作る意味を見出せなくて。

作りたくない
 ↓
じゃあ、作らない
 ↓
夫「調達してくるよ、菓子パンでいい?」
 ↓
 ↓
 ↓
「菓子パン、太る…。栄養バランス…サラダ作る?」
 ↓
「!餃子食べたい!」
 ↓
「近所のお店で餃子を買ってくる!」

となりました。自分のこころの動きをまとめてみました(笑)

「やりたくない!」 I don't want to do anything. こんな感じ?

とにかく、wantが付く文章で自分の気持ちを表現してみればいいんじゃないかな。そして、その気持ちを自分が受け入れる。「そんなこと言ったって、母親なんだから!」「ごはん作るのは当たり前!」とか思わなくていい。いやなものは、いやだよね。


スポンサードリンク





じゃあ、「シにたい」もあり?



ぶっちゃけ「シにたい」もアリだと思います。
でも、誰かがそれを選ぶと別のだれかが悲しむ…と思う。
なので、出来るだけそれは選ばないでほしいなと思う。あくまでも私の願望。

ほっといたって嫌がったって、いつかは自分の命が尽きるときは来るんだから、それまで、なんとか2番目にしたいことでもやっておけばいいんじゃないかな。

実際、自分がいなくなった後の処理をしてくれる人のことを考えると、自分で、というのはもちろんだけど、どんな状況でもシぬのってすごい迷惑なんですよね…。



こんな漫画を読んだらますますそう思いますよ。

って、なんの話だ。

小さいことでも、「やりたい」を見つけて毎日生きていたいですね。

スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

周りの目が気になる!それで失うものって!? [こころのあり方]

周りの目が気になる。そんなこと、よくありますよね。でも、それで失うものもあります。

スポンサードリンク





周りの目が気になる!その裏に隠された心理



新年明けました!

今年の目標の一つに、できるだけブログを更新する!を挙げた私ですが、いきなり
3日まで更新できませんでした(苦笑)ま、これから、頑張ります。

ということで、今回は、周りの目の話。周りの目が気になって、好きな服装ができない、好きなことを好きって言えない、そんなことあります。

でも、それで失っているものもあるってことに気がついてください。

周りの目を気にしてやりたいことをやらない、それって、何より、自己否定してるってこと。自分への信頼を失っています。
自己肯定感。最近、よく言われることです。自己肯定、とても大事です。まずは、自分が自分を受け入れること。

無用に自己肯定している人もいますけど、無駄に自己否定しているよりはいいかな、と思います。だんだん周りからあいてされなくなっても、自分が幸せなら、その方がまだマシです。

スポンサードリンク





周りの目を意識しない、というか、しても、意味が無いと気がつく



あなたが思っているほど、あなたのことを周りの人は見ていません。

うるさく言ってくる人がいたとしたら、その人から、離れれば済むことです。その人からの評価を気にして、自分のしたいことができない状態のまま、人生が終わることを想像してみてください。悔しくないでしょうか?

自分の人生、自分でやりたいようにした方がいいです!

人がこう否定してくるかもしれない、と否定の仮定をする前に、自分で自分にOKを出す。誰もわかってくれなくても、これが好き!そう、胸をはって生きていれば、それイイ!っていう人はきっといるはず。

今年も楽しいことがいっぱい待っています!それに、たくさん、出会えますように!
スポンサードリンク





片付けることに時間をかけよう [こころのあり方]

結局、時間をかけなくてはいけないのであれば、片付けることに時間をかけよう、と仕事先の上司の言葉。もっともだな~と思って聞いていました。

スボンサードリンク





物を探すことに時間をかけずに、片付けることに時間をかけよう



なんて偉そうに書いておいて、私は本当にできていないなあ、と反省しきりなんですが。

物を探すことに時間をかけるって本当に不毛なことなんですよね。

使いたいときに使いたいものにアクセスが出来ないってすごくストレスがたまります。

いらいらしながら探し回って、見つからなくてさらにいらいらして、見つかったと思ったら、部屋はぐちゃぐちゃ。

タメイキ。

だから、物を使い終わったらあった場所に戻す

戻した場所が散らかっていたら、整理整頓をする。

これだけのことなんですが、

出来ない人間にはできないんです。

なぜか?

先に目、気持ちが行ってしまっているからなんですよね。

男の子はこの傾向が強いと言われています。

ドアを開けることはできるけど、しめることはできない、って感じです。

うちなんか、男の子がたくさんいるので、開けっ放しですよ、ええ。

スボンサードリンク





出来るようにするにはどうすればいいのか?



いや、それがわかる人、私に教えてください、と言いたい!(笑)

一つ言えることは、「片付けることに時間をかけよう」と思っているだけで、少し違うということです。

だからって劇的に変わるわけでもないんですが、ことあるごとに思い出せば、少しは変わります。

子供たちに言っているのは、

何かを使ったら、使った後を残さないようにすること

使う前よりキレイにすること

この二つを心がけてほしいと。

それは、自分自身にも言い聞かせています。

でも、急いでいるときってどうしてもやりっぱなしになっちゃうんですよ。

つまりは、「生活にゆとりを」ってのが基本なのかもしれません。

それが出来れば、苦労はしないんですけどね~。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いろいろな出会いを見つけよう!人と人のつながり [こころのあり方]

いろいろな出会いを見つけよう、なんていうと、出会いサイトとか、アヤしい雰囲気になっちゃいそうですが、そうではなく、人と人とのつながりを見つけよう、という話。

スボンサードリンク





出会いを見つけるには、人と合ってつながろう



何かしたい、と思う事がありますか?

出来るかどうかわからないから、なんて言わないで、今、してみたいことを考えてみてください。

カフェを開きたい、とか。

外国に行ってみたい、とか。

一人でぼんやりしていたい、とか。

その中に、一人でできることは、できる日を見つけて、その日にやる!と決めて実行してしまいましょう。

すぐには出来ないことなら、目的に向かう道を細かくしてみて、まずは出来ることを探してみる。

5分以内に終わることは、すぐにやろう! です。

でも、いろいろやりたいことを考えると、他の人の協力がないと実現しないことってありますよね。

やりたいことを実現するための一歩として、やりたいことにつながる人とつながる、出会う、ってことがあります。

そのためには、まず、一歩踏み出してみてください。

たとえば、カフェをやりたいというのであれば、自分の好きそうなカフェに行ってみる。

そして、カフェのオーナーさんと仲良くなる。

オーナーさんの苦労話なんか聞ければ、それが参考にならないはずがないですよね。

カフェのオーナーの勉強会とか、カフェをやりたい人向けのセミナーとか、そういうのに参加してみるのも第一歩。

いや、そういうセミナーとか勉強する場があるかな?と調べることから、第一歩が始まっているのです。

調べていくうち、動き回っているうちに、必ず、いろんな人と出会います。

出会ったら、そのままにしないで、今ならFacebookとかtwitterでつながりましょう。

そうするとさらに情報を集めやすくなります。

それが夢につながっていくのです。




スボンサードリンク





ここ半年の私の場合



なんというか、この半年、いろいろな人と出会い、つながりを持ってきました。

そのきっかけは、まず、私が何かをしたいな、と思ったからでした。

とりあえず、子供たちが参加しているグループの大人としてのお手伝いをやります!と声をかけました。

それから、昔の仕事を生かせそうなグループに顔を出しました。

そして、興味のあったセミナーにも参加してみました。

セミナーは夜にあったので、夫や子供に了解を取っての参加でした。

そこから、どんどんいろんな人とつながっていっています。

年齢も性別も仕事も様々な人たち。

でも、みんないろんなことに興味をもって、いろんなことにチャレンジしている人達です。

まだ、自分の夢自体が具体的ではないので、いろんな情報をあつめて、いろんな人と知り合って、本当に自分が進んでいきたい道を探しているところです。

その中でイベントに参加したり、運営を手伝ったり、企画したり。

そして、また、友達が増えて行ったり。

もう、40代も半ばを超えましたが、まだまだ、これから、いろいろありそうだな、とワクワクしています。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「どう思われたかな」職場の人間関係がストレスになる? [こころのあり方]

久しぶりに初対面の人とたくさんかかわる仕事に戻って、ちょっとした雑談で話した内容を思い出しては「うわ~~」ってなってます。

通りすがりのお客さんからの評価より、4時間一緒にいた同僚・先輩にどう思われたかが、すごく気になってしまいました。

こういうのの積み重ねで職場の人間関係がストレスになる人も出るんでしょうね。

スボンサードリンク





相手にどう思われたか気になる←大部分が自意識過剰



あんな馬鹿なことを言ってしまって、変な奴と思われたかな。

ちょっとなれなれしい口調だったかしら。

あんなこと、あの場で言うべきことではなかったかも。

私のようなパートタイマーでも、同じ人と2~3時間一緒にいることがあります。

そこで、雑談をすることもあるわけです。いつもは忙しいので、ずっと話しているわけではないのですが。

そのちょっとの雑談を、帰ったあと寝るときなんかに思い出して「うわ~~」ってなること、ありますよね。

昨日の私がそうでした。

でも、みんな仕事で忙しいのと、みんな大人なのでたいていのことはスルーしてます。

ぶっちゃけ、相手がどんな話をしていたか、ちゃんと覚えているか、と言われると…ごめんなさい、覚えてません。

スボンサードリンク





振り返って落ち込む時間があったら改善策を



私が思っているほど、他の人は私に無関心なのです。

「あなたのことに怒っているヒマないわよ、他人なんだから」

と大人になってから言われたセリフ。

確かにそうです。主婦パートのみなさんは、家に帰ったら「お母さん」のお仕事もありますよね。他にもいろいろと仕事をしている人もいるかもしれません。

そんな人たちにずっと私のことを考えていてくださいといっても無理な話。

だから、過去にしたことをくよくよ後悔するヒマがあったら、今度お会いするときにはどうしたらいいかな?調子に乗ってしゃべりすぎないように気を付けよう、など対策を考えてみてはいかがでしょうか。

こういう考え方ができるようになると、人間関係にストレスを感じることは減っていきます。





返事をしてください、声を出してください [こころのあり方]


うちの子供たちに一番よく注意しているのが、「返事をしてください。声を出してください」かもしれません。

ちょっと何かをお願いしたときに、黙って行動に移してくれることもあるんですが、返事はないことが多くて、「いやじゃ!」でもいいから、聞こえたアピールをしてくれ、といっています。

聞こえてないのか、やりたくないのかわからないとこちらも対処のしようがないですから。やりたくないなら、それはそれでいいので、とにかく、聞こえた、あなたの声が届きました、とアピールしてほしいのです。

スポンサードリンク





では、なぜ返事をしないのか。



では、なぜ返事をしないのか。
・自分が呼ばれていると気が付かない
・いやな用事をたのまれてうんざりしている
・いやそうな声を出すと怒られそう
・返事するのを忘れてる

こんなところでしょうか。

ネットで見ると、そういう時は、近寄って目を見て話しかけましょう、とあります。確かにそれはしてなかったかもしれません。時間に余裕があるときは、そうしようと思うのですが、だいたい、忙しくて離れたところから指示することが多いので、相手をみつめてお願い、というわけにいかないのが実情です。

とにかく、しつこく返事をしてください、といっていますが、その中で、まず、自分、夫と二人=親がちゃんと子供たちに返事をしようと心がけています。話しかけられたら「はい」と返事、何かしてもらったら「ありがとう」、相手が迷惑したようなら「ごめんなさい」と、できるだけ、声を出すようにしています。夫婦の間でもそうですね。やりたくない用事を言いつけられたときに、「今、こちらを優先させたいのでできません」とちゃんと伝えるようにしています。(頼まれた仕事をやることがいやじゃないときはちゃんとやりますよ)

「断る」ってことをしてもいいんだ、ということを経験させることも大切なのかな、と思います。

あとは、私が不機嫌なときに、仕事を断られたからといって、怒らないようにしなくちゃな、と思いますが、これは、なかなか…。でも、あとで、「いらいらしていて、怒ってしまったけど、断る権利は君たちにはあるんだよ。ごめんね」と謝っています。まあ、怒らないようにもこころがけていますけどね。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5分以内にできることはすぐにやろう [こころのあり方]



いろいろやらなきゃいけないことが多すぎて、何からやればいいかわからなーい!ってことないですか?

私はよくあります。

夫にそのことを相談したら、こう言われました。

「5分以内にできることはすぐやるといいよ」

スポンサードリンク





「5分以内にできることはすぐやる」



「まずは、やるべきことを書き出す。

それをやり終わるのにどれくらい時間がかかるか横に書き出す。

その中でやるのに5分かからないことは、すぐにやるといいよ。

すぐやることがいっぱいあるときは、優先順位をつけて、やったものから、チェックしていく。

時間がかかりそうなものは、作業を分割して、それぞれに締め切りをつける。

そして、また、終わったものはリストから消していく。

そのリストを毎日とか、決まった時間に確認すると、やりこぼしもなくなるし、何をしていいかわからない、ってことも無くなるよ」

って、うちの夫はいったい何者なんでしょうか(苦笑)

スポンサードリンク





後回しにするデメリット



なんですぐにやるといいの?ときくと、

「5分以内に終わることなら、それをやらなくちゃと記憶していることの方が、コストがかかるんだよ」

だそうです。

確かに、あとで、にしているぐらいなら、すぐにやった方がいいことってありますよね。

・子どもたちが学校からもらってきたプリントに返事をかいて、ハンコして返す。
・ゴミ箱のゴミを袋にうつす
・トイレットペーパーの補充をしておく
・回覧板をお隣に持っていく

そんなすぐ済む作業は、後回しにしない方がいいってことですね。

ただ、やってる間に他の作業を忘れるってことは、よくあるんですけどねww

スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イライラの原因を探ろう [こころのあり方]

高校生の息子が、「なぜか、すごくいらいらする!なんでかな?」と言ってきた。

夕食前だったので、「お腹が空いているんじゃないの?」と言ったのですが、それだけでも無い様子。

イライラしてる原因ってなんだろうね?とみんなで話し合ってみました。

スポンサードリンク





イライラを生む原因ってなんだろう



まずは、イライラする時をあげてみました。

・お腹がすいているとき
・弟たち(子どもたち)が思った通りに動いてくれないとき
・仕事がたまっているとき
・電車が遅れてるとき
・トイレがいっぱいのとき
・問題が解けないとき

こんな感じでいろいろあがってました。

じゃあ、これに共通することってなにかね?と考えてみました。

要するに「自分の思う通りにならない」時なんじゃないか、と意見が出ました。

なるほどね。

じゃあ、どうしたらイライラしなくなるんだろうね?

スポンサードリンク





イライラを解消する方法を見つけよう?



「自分の要求が満たされない」時、そう感じる時、どうしたらいいんでしょうね。

お腹がすいてるときは、とりあえず、何か食べれば済むけれど、電車が遅れてる時は、自分では、なんともならないよね。

「イライラしててもいいことにする」
「諦める」
「他のことを考える」
「受け入れるのです、すべてのことを…」

といろいろな意見が出ました。

じゃあ、兄弟、周りの人間が言うこと聞かないときは?

「仕方ないとあきらめる」
「殴って言うことをきかせる」
「お願いする」
「受け入れるのです、すべてのことを…」

だそうです。

まあ、受け入れることが出来るんならイライラはしないんだと思うんですけどね。

私としては、「イライラしてもいいことにする」ってのがいいな、と思います。

また、イライラについて考えてみたいとおもいます。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小学校での読み聞かせボランティアでイベント、やってきました。 [こころのあり方]

小学校で読み聞かせのボランティアをやっています。そこで1年に1度、それぞれの学年でペープサートを作ったり、配役して読んだりして「イベント」をやっています。

今回は、短いお話のペープサートを作り紙人形劇として1冊、絵本を取り込んでプロジェクターで大画面に映し、クイズ形式で1冊配役して読むの1冊、という構成で行いました。

クイズ形式のときは、私がMC役をして、ワーッと盛り上げました。

これは、日ごろの読み聞かせでもやっていることでしたが、子供の人数も多く、思わぬ反応もあったりして、戸惑いもありましたが、とても楽しくやれました。

スボンサードリンク





やりたいと声を上げること



今回もイベントをやりたいという思いはみんなあるものの、なかなか話が先に進みませんでした。

みんな、何がやりたいのか、何ができるのか、はっきりしなかったからです。

やりたいと思っているだけでは実現しません。

まずはやりたいと周りの人に声をかけること。当たり前のことですがそれをやらないと物事は始まりません。

今回は1年生の子を持つグループで、1年生に向けてのイベントでした。

読み聞かせボランティアも1年目、小学校も1年目のお母さんが多く、「イベント」といっても、イメージできないところがありました。

なので上の子がいて「イベント」を経験している人が中心に動かしていきました。

そうなると、1年目の人は乗っかるだけになりがちです。

でも、「こうやりたい」「ここはこっちの方がいいんじゃない?」「これはだめだよ」と意見を言うことは、とても大切です。

経験のある人は、過去の例にとらわれがちです。

初めてだからこそ見えることもたくさんあります。

たとえ、それが全然採用されなかったとしても、どこかでそういう意見があった、ということは、のちのち生きて来るはずです。

生きてこないのが嫌ならば、今度は自分が中心になって「イベント」をたちあげるのです。

スボンサードリンク





人を動かすのは「やりたい!」という気持ち



よくあることですが、今回の「イベント」でも、ちょっとしたごたごたがありました。

結局、私が引っ張る形になっていたんですが、「もう、引っ張るのやめてもいいかな?」と思わず言ってしまうときもありました。

でも、それはすねてるだけで、自分が尊重されなかったのが嫌なだけで、「イベント」をやめたい、とは思わなかったので、そこの問題はよしとして、条件が変わったことで、何ができるか、を考えました。

とにかく、「やりたい!」という気持ちがないと、人を動かすことはできないんだな、とつくづく思いました。

人の「心」も「体」も。

まずは、「やりたい!」の気持ちを持つことで、周りを変え、世の中を変えていけるのかもしれないな、と、読み聞かせのイベントを通して思いました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晩御飯の献立の3つの法則、我が家流 [こころのあり方]

晩御飯の献立、って考えるのめんどくさいです。

お昼を食べながら、ああ、晩御飯はどうしようか~なんて考えています。

ひどいときは、晩御飯を食べながら、明日の晩御飯はなにしようかな~なんて。

これを取り入れたら、ぐっと献立を作るのが楽になった方法をお教えします。

スポンサードリンク









晩御飯の献立、悩んだときはこの3つ!



繰り返しになりますが、ホント、晩御飯の献立って考えるのめんどくさい。

これを使わなきゃいけない食材があるとか季節の決まった食べ物とかあると、かえって楽だな、と感じるぐらいです。

なので、我が家では、8のつく日はひじきの煮物、25日は餃子、と決めてます。

それが決まっているだけで、考える項目が一つ減りますからね。

でも、もっと大事なのは、晩御飯には、この3つをそろえる!と決めておくこと。

・メイン
・青もの
・ほくほく

この3つは出す、と決めて置けば、いろいろ考える手間が少し減ります。


スポンサードリンク










メインはお肉や魚、青物は野菜、ほくほくは芋や豆




メインは、お肉やお魚を使った料理。

タンパク質を中心に取ります。

我が家はまだまだ育ちざかりがいっぱいいるので、やはり魚よりお肉の方が喜ばれます。

でも、たまには魚も食べてほしいと思うので、木曜日は魚の日、にしています。

ずれることも多々ありますが、とりあえず、木曜日は魚!


青物は、我が家の場合、青菜のことが多いです。

ほうれん草、小松菜、ニラ、青梗菜…

サラダも青物に分類します。


ほくほくは、そのまんま、ほくほくした食感のものです。

さつまいも、かぼちゃ、じゃがいも、さといも…。

おまめ類もここに分類します。

ちょっと違うかな、と思うけど、ゴボウもこの枠です。

切り干し大根、ひじきもここに分類するかな。

茶色っぽいものが「ほくほく」の仲間ですね。


これに縛られる必要はないのですが、とりあえず、考える枠を狭めてしまえば、ちょっと楽、というわけです。

たとえば、先日の献立は、

メイン 鶏のから揚げ(キャベツの千切り添え)
青物 小松菜の胡麻和え
ほくほく かぼちゃの煮物


という感じでした。

こうすると、タンパク質も野菜=ビタミン&食物繊維も炭水化物もそれなりに取れるかな、という感じ。

あとは、味や色のバランスも考えるといいんですが、それは、また別のお話。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - こころのあり方 ブログトップ