So-net無料ブログ作成
検索選択

無料漫画アプリの広告にある「嘘と本音と冷たいカメラ」が見たくてマンガワンを入れたのに見つからない! [調べたこと]

無料漫画アプリの広告見て、アプリを入れたのに、肝心の漫画が見つからない!ってことがありました。「嘘と本音と冷たいカメラ」。それ、見つけました。

スポンサードリンク





「嘘と本音と冷たいカメラ」は無料漫画アプリ・「マンガワン」のここにある!



無料漫画アプリ、いろいろ出てますね!私もいろいろ入れてますが、漫画を読んでる最中に他の漫画アプリの広告が入るのがちょっとめんどくさい。まあ、そのおかげで、マンガがタダで読めるわけですが。

で、広告に出てくるマンガって、目を引くというか、キャッチィーなものが多いわけですよ。白暮のクロニクルなんかも、そのシーンが広告になる?ってところが切り取られててびっくり!前から読んでるとびっくりします。

問題の「嘘と本音と冷たいカメラ」ですが、「無修正でネットにバラまいたりしないから」ってにやりと笑う女性…。え、どうゆうこと?!って見たくなっちゃって、マンガワンを立ち上げんですが、そのタイトルのマンガがみつからない!

なんと、これ、連載マンガではなく、読み切りマンガでした!
Cheese!出張版 読み切り&試し読みというタイトルの中の2013年9月号にあります。作者は桜田雛さん。

読むにはチケット1枚かライフ1個必要です。



スポンサードリンク





マンガワンでマンガを楽しむ時のポイント



マンガアプリもいろいろシステムが違いますが、マンガワンは、毎日マンガを読む権利が配布されるタイプ。また、お金でその権利を購入することもできます。

無料配布されるのは、毎日9時と21時に4ポイントずつ。連載されている作品や、全巻通して読める作品などは、最初の数話(1〜5話程度)は無料で読める場合が多いです。なので、初めて読む作品は一気に見5〜10話ぐらいまとめて読むこともできます。

マンガワンは小学館が販売しているアプリなので、裏サンデーを始めとする小学館の漫画雑誌に連載されていた作品がたくさん公開されています。

また、連載タブをタップし「企画」を選ぶとおみくじが引けます。うんがよければ、1〜5話多く読むことが出来ますよ。凶が出ちゃうと読めないのですが、おすすめ漫画が紹介されるので、読む漫画が無いなーなんて、思っている方の参考になるかも。

しかし、スマホでタダで漫画が読めるなんて、便利な世の中ですね〜。
スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0