So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年台風1号、ようやく発生だって!台風発生が遅いとどうなるの? [調べたこと]


今年はまだ台風が発生していないらしいよ、と先日夫と話していたところでした。台風というと、夏の終わりから秋にかけてのイメージですが、1号とかは、割と早くに発生しているんですよね。下手すると1月には発生してたりします。

スボンサードリンク





台風1号、ようやく発生!2番目の遅さ


台風1号やっと発生 過去2番目に遅く

という記事を発見!エルニーニョだかラニーニャだかで、台風がなかなか発生してないらいしよ、って話をつい先日、夫としたところだったので、すごくタイムリーな感じ。

過去2番目の遅さ、と聞くと気になるのが一番遅くに発生したのは、いつ?ってこと。調べてみたら、1998年の7月9日でした。今年よりもさらに1週間遅い!1998年も暑い夏でしたね…。

今年、台風が遅くなっているのは、現在エルニーニョ現象が起きているせい、そして、そのエルニーニョが終わって、今度はラニーニャ現象が起きるので、今年の夏は暑くなるのだそうだ。んんん?

つまり、エルニーニョ現象というのは、東太平洋の赤道付近の海水温が上昇する現象のこと、ラニーニャ現象はその逆で、東太平洋の赤道付近の海水温が低下する現象のこと。

エルニーニョの影響でインド洋の海水温もあがり、積乱雲が発生する。

積乱雲したせいで、周りの気圧が下がる

いつもなら台風が発生するフィリピン近海が高気圧に覆われるようになり、台風が発生しににくなる

さらにラニーニャのせいで太平洋高気圧もせり出してくるので、さらに、フィリピン近海の気圧が下がりにくくなっているのだ。

台風1号が遅く発生しても、台風の総発生数はあまり変わらない。

なので、台風1号が遅く発生した年には、7月~9月にかけて台風の発生が増えることになり、日本にも上陸することが増えるらしい。

スボンサードリンク





ラニーニャのせいで猛暑?



エルニーニョが終わって、ラニーニャになる今年。そのせいで猛暑が予想されるそうです。

おなじような現象が起きたのが2010年、この年は猛暑で、熱中症で倒れる人も多かった年です。我が家はこの年に引っ越しがあったので、よく覚えていますが、とにかく、熱かった!

なんと、観測史上1位の猛暑として、Wikipediaに記述がありました。

30年に一度の異常気象と認定されているそうです。

熱帯夜を観測した地域も多く、またゲリラ豪雨の被害も多かった年でした。

今年もこの年のような猛暑が予想されているようです。6年前とは違って、熱中症に対する意識も変わってきているので、みんなでしっかり対策をとって熱い夏を乗り切りましょう!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。