So-net無料ブログ作成

文房具マニア、とと姉ちゃんで本領発揮!勤め先はどこの万年筆メーカー? [調べたこと]

NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、見てます。だいたい、朝とと(8:00~8:15)を見ています。夫の出勤の時間と重なることがあるので、途中、一緒に見たりします。

そしたら、文房具マニアの夫が本領発揮してくれました。

スボンサードリンク





とと姉ちゃんの勤め先は文具メーカー?あれはどこがモデル?



今週は主人公とと姉ちゃんこと小橋常子(高畑充希)がタイピストとして就職したところから始まります。

で、タイピスト仲間からいじめ?いやがらせを受けるんですが、なかなか、このいやがらせしてくるボス・早乙女(真野恵里菜)の言い分ももっともだったりして、どうなるんじゃろのぉ?と思ってみているところです。


いじめがひどくなるきっかけになるのが、男性職員からの雑用を常子が引き受けたこと。

タイピストたちは雑用係じゃないのに、勝手に引き受けるんじゃないわよ!って感じで、早乙女さんが怒るわけですね。

でも、我が家でもりあがったのは、常子が通る廊下に貼ってあるポスター!

バード文具?と書かれていて、万年筆とインク壺の絵が!あれは、どのメーカーがモデルなのか!?というので盛り上がりました。

夫いわく、
「ポスターの雰囲気からして、パイロットかセーラー。あのインクの形と万年筆の雰囲気からしてパイロットかな」

だそうです。まったく、マニアには、マニアしかわからない何かがあるようです。

「ボトルの形はペリカンに似ているけど、ドイツの会社だから違うだろうね」

と、続けて言っていました。

あくまでも、夫の主観ですので、異議申し立ては受け付けません(笑)

あとで、調べてくれました。

セーラーが広島から日本橋に移転したが昭和27年。ドラマは昭和13年ぐらいですから、セーラーではないようです。ただ、事務所だけは16年に開設しているので、そこがモデルなのかもしれませんけどね。

て、私自身はそこ、どっちでもいいんですが(笑)

スボンサードリンク





モデルとなった大橋鎮子さんは文具メーカー勤務?



「とと姉ちゃん」は、「暮らしの手帖」を作った大橋鎮子さんがモデルです。

ドラマの中で出てきた歯磨き粉のエピソードは大橋さん本人のエピソードが元になっています。チューブ破裂事件も本当にあったことのようで、そのあと、入れ物を陶器に変えて販売しましたが、あまり売れ行きは伸びず、事業は失敗に終わったようです。

女学校を出て就職、というのは、大橋さんも常子も同じですが、大橋さんは日本興業銀行に就職ですから、文房具メーカーというのは、ドラマオリジナルのようですね。

大橋さんは、銀行で学ぶ機会があり、女学校で学んだ知識だけでは足りない!と大学に入ることを決意するのですが、病気で学校をやめることになるのですが、常子はどうなるんでしょうね。

ドラマのなかでは、タイプを使ってはいけないと言われた常子が万年筆で清書するシーンがありました。

そこを夫は見ていなかったので、万年筆がどこのものかわかりませんでした(笑)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0